ボートレース24場の特徴一覧

目次

ボートレース24場の特徴、予想時にチェックする項目

※自然状況は日によって変化するため、あくまでも傾向を把握するための情報です。必ず当日の天候をチェックのうえ舟券の参考にしましょう。

特徴水質
大村静水面
1枠A級の企画レース多い
インが強い、2マーク出口のうねり注意
スタートラインからの振り幅も小さくイン有利、3~6コースの艇がまくりを狙いにくい
バックストレッチの防風ネットで風の影響を受けにくいが、風向きが変わりやすくスタート難しい
徳山静水面
イン有利。1~3メートル位の追い風が恒常的に吹きやすい。
1枠A級の企画レース多い
芦屋
宮島
児島夏は高温多湿でモーター性能が落ちるのでインが弱くなる。まくり。
常滑
静水面
1マークバック側の水面が広い
2コースの2・3連率が高い
3・4コース差し、4コースまくり差し
汽水
(淡水と半海水)
夏→向い風
冬→追い風
ただし、風向きと風速は変わりやすい
強い風が吹いていると難水面になる
夏場は季節風にさらされ、冬場は鈴鹿山脈からの吹き降ろしをまともに受ける立地にあり、強風が吹くと水面コンディションは急激に悪化
潮の影響はほぼない
蒲郡
住之江長方形のプール型水面
イン有利
2マークに引き波が残るのでボートが暴れて逆転劇も多くなる
ターンマークの振りが小さい。イン艇がスタートしてから真っ直ぐ進める、1マーク握っても十分な回りシロがある。ナイター時間帯はイン1着率が上がる。気温が下がってモーターパワーが上がること、主力選手が後半走で好枠から走ることが多くなり、イン有利なレースが増えてくる
淡水
下関
浜名湖プール水面、広い、握って回る、スピード水面→まくり差しが決まりやすい(ターンでばらける、間ができるから、差しが入る)、広いからスタート合わせにくい、他の艇を参考にしにくい。3まくり・まくり差し、4まくり汽水
体重ハンデは少ない
春夏→向い風
秋冬→追い風
潮の影響はほぼない
若松
丸亀
尼崎
唐津
三国
福岡難水面/地元(福岡)有利
スタートライン上のコース幅が広い
1マークがホーム側に振られている→1コースが遅れると絞られやすい、
2マークの奥行きが狭いのでダッシュスタートの艇がスタート前に加速しにくい→ダッシュ勢が攻めにくいので3号艇(助走からスリットまでまっすぐ走れる)のまくりが決まりやすい
2・3コースのまくり
2・3コースの2連率が高く、2~4コースの3連率が高い
汽水夏→向い風
冬→追い風
干満差あり
1マークにうねりが発生しやすい
2マークに引き波が残りやすい
桐生難水面/地元(群馬)有利
冬~春は「赤城おろし」と呼ばれる強風で水面が荒れることがある。夏場は穏やかな水面でまくりが効く。標高が高く、モーターのパワー・出足は弱め。
気圧が低い→出足・行き足が悪い日
競走水面が風、気圧、気温の変化を受けやすい
4~6コースの1着率が高い
5コースの2・3連率が高い
4コースのまくりが出やすい
没前と日没後の気温差が大きい→日没前は1コース以外の1着、日没後は1コースの1着を狙うのがおすすめ
淡水冬~春は強風になりやすい
赤城おろしが吹いていると水面が荒れて、1コースの艇がミスをしやすくなる
鳴門難水面
1マークへ向けて内側へ狭くなる。隣の艇との間隔が狭くなるのでインコースが難しい。イン逃げが決まりづらく、差しも狙いにくいので、まくる選手が多い
バックストレッチの内側にすごく伸びる位置があって、選手間では「鳴門の花道」と言われる。1マーク旋回後に6コースから最内を差した選手がそこで伸びて1着になるケースや、4、6コース差しの選手が舟券に絡んでくる展開も夏→向い風
冬→追い風
夏は向い風でスタートがデコボコするので、まくり差しが決まりやすく、冬は追い風が強くなるので差しが決まりやすい
小鳴門海峡に面した海水の水面ですが、防波堤があるので大きな波やうねりはありません。ただ、海水なので干満差があります。
干潮ならまくり、満潮はインが有利です。満潮時は水面が不安定になるので乗りにくく、レースも荒れやすいです。
また、満潮であっても、水位が上がってきている時と下がっている時では全然違います。1マーク側から水位が上昇してくるので、上昇時は1マーク付近が非常に難しくなります。反対に下がっている時は断然乗りやすいです。
多摩川バック側の防風林のおかげで強い風が吹きにくく「日本一の静水面」と呼ばれている
ピットと2マークが近い
1マークのバック側が広い
水質は淡水だが走りやすい
標高が高く気圧が低い
強い風が吹きにくい
淡水
淡水は浮力が小さいので、体重の重い選手はスピードを出しにくい

多摩川の淡水は握ったときに走りやすいと選手から好評
びわこ春先は難水面
春先以外は静水面
ピットがスタンド側に付いている
1マークを2020年10月に移設
水質は淡水で硬く、浮力が小さい
標高が高く、出足が悪くなる
強い風が吹くとレースが荒れる
春先は1マークにうねりが発生
標高が高く、他の競艇場よりも気圧が低いため、モーターの出足が悪
4コースまくり差し、5コース差し・まくり差し
淡水
水面が硬くて跳ねやすい
体重の重い選手はスピードを出しにくい

3コースの3連率が高い
春先以外の天候が良い日は乗りやすい静水面になるので、スピード戦になりやすい
春先の季節は、1マークにうねりが発生しやすく、1マークが乗りにくくなる
平和島難水面/地元(東京)有利
センターからのまくりが目立つ。また、2マーク逆転となる「抜き」が非常に多い。インの弱さは全国でも指折りで、6コースの1着率は全国トップの数字。
差し水面
2~5差し、3まくり
海水

浮力が大きいので、体重の重い選手でもスピードを出しやすい
春夏→追い風
冬→向い風

強い風が吹きやすい
風の影響が他の競艇場より大きい
干満差は小さい

大潮の満潮時は1マークがうねる
江戸川日本一の難水面/地元(東京)有利
1マーク付近の水面が狭い
水面状況も変わりやすい
水面の高さが1日のなかで変わりやすい
地元選手や波乗り巧者を重視
2マーク側が海と直接つながっているので、水面に潮の流れができる
5コース差し・まくり
競艇場のなかで抜きの出現率が最も高い
前付け難しい→枠なり進入
汽水強風が吹きやすい

公式HP
上げ潮(干潮→満潮)は追い潮、下げ潮(満潮→干潮)は向かい潮
攻略ポイント
戸田まくり水面
水面の横幅が全国で最も狭い
穏やかな風の日が多い
2マークに引き波が残りやすい
2~5コースまくり
淡水春→東からの向い風
夏→南風。スタートは向かい風でスタート後が追い風。
秋→向い風が強い
冬→北西からの風が一番多く強い。
戸田の場合はガラスのカーテンに反射するため、追い風の影響は大きい。
波は1年を通して穏やか
目次